ゆったり散歩で気づく小さなこと

こんにちは、小夏です。昨日の東京の片田舎は、少し風が強めだけど、その分気温が低め、でも日差しはしっかりと朝散歩には最適。いい季節になってきたよね。朝の10時頃だけど、地面に映る自分の影も長く伸びるようになってきた。これから本格的な秋、そして冬に向けて、影が伸びていくんだよね。


のそのそとゆっくり歩いていると、駆けているとわからない、気づかないものを発見する。そんな大げさなものじゃないけど、あ!って言う感じ。

ちょっと見上げてみれば、やっぱりそこには秋の空。何が夏の空と違うかよくわかんないけど、間違いなく秋の空。あたしの思い込みだけかな?

ちょっと目線を動かせば、また違うもの見つけた。

道沿いにある駐車場に、秋桜が咲き始めた。実際には、秋桜、ずいぶん長い期間咲いてるけどね・・・。

どれもささやかな気づきだけど、見落とさなかったのが、ちょっとだけ嬉しい。

明日の散歩でも、また別な何か小さな発見できるかな。

だとすれば、ゆっくり散歩も悪くないね。

 

↓ 秋の日差しを受けながら、ゆったり散歩で参加中!

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村


柴犬ランキング

スポンサーリンク

2 Replies to “ゆったり散歩で気づく小さなこと”

  1. かすみさん、はじめまして。
    柴散歩には、少し涼しい秋が一番。
    赤柴色と落ち葉の色も似てるし。
    秋の気配を感じると小夏共々、少し嬉しくなります。

コメントを残す