書くのを躊躇い続けた認知症のこと③夜鳴き対策の防音小屋 前編

認知症に伴う夜鳴き。実際に初めて経験すると、その声の大きさと断続的ながらも延々と続くことに驚かされます。部屋中に響き渡るような鳴き声なので、そしてペット可マンションとは言え、安普請なので隣のお宅にも鳴き声が響いているのではないかと不安になります。 “書くのを躊躇い続けた認知症のこと③夜鳴き対策の防音小屋 前編” の続きを読む

書くのを躊躇い続けた認知症のこと①

認知症は、何度か書きかけては、その都度途中で止めてしまった私的には重いテーマです。別ブログをご覧の方はご存知かと思いますが、わが家の鼓太郎は年老いてから認知症になってしまいました。正確な発症の時期は不明ですが、14才の終り頃から少し変だなと思う奇行が出るようになりました。それが認知症によるものとは当時は分かりもせず、また思ってもいませんでした。 “書くのを躊躇い続けた認知症のこと①” の続きを読む

老いてきた時に役立つグッズ 人間用の紙おむつ

人間でも犬でも同じですが、高齢化で悩ましいのは、やはり足腰が弱ることだと思います。足腰が弱れば、動きが制限されてしまい、それに付随した問題がいろいろと出てきます。特に困るのが、大小の排泄の問題です。自由に動けない分、トイレでちゃんと用を足せなくなることが増えがちです。 “老いてきた時に役立つグッズ 人間用の紙おむつ” の続きを読む

老いてきた時に役立つグッズ タイルカーペット

若犬時代には必要のなかったもので、老犬になると意外に便利なグッズは多々あります。老犬介護用として売ってる専用品もありますが、むしろ一般的なグッズの中で、ちょっと工夫して使うことで、ものすごくお助けグッズになることがあります。

今回は、わが家的に便利だったお助けグッズとなった物の中で、タイルカーペットを取り上げてみました。 “老いてきた時に役立つグッズ タイルカーペット” の続きを読む

老いてきた時に役立つグッズ 折りたたみサークル

若犬時代には必要のなかったもので、老犬になると意外に便利なグッズは多々あります。それまで特に必要としていなかったため、老犬期になってそうしたものが直面している問題に役立つと容易には思いつかないのですが、ハッと閃き試してみると意外や意外、ものすごくお助けグッズになります。 “老いてきた時に役立つグッズ 折りたたみサークル” の続きを読む

老いてきた時に役立つグッズ ドッグカート

一緒に暮らす犬もいつかは年老いてきます。人間と同じですが、加齢に伴い体力や体の機能が少しずつ衰え、それまで普通に出来ていたことでも出来なくなることが増えてしまいます。病気にもなりやすくなり、それまでとは違う不都合がいろいろと生じてきます。 “老いてきた時に役立つグッズ ドッグカート” の続きを読む

子犬と一緒に暮らし始められる限界年齢

鼓太郎と小夏と一緒に暮らしてきたわが家は、ペット可マンションの一室です。築年数も行き、初期から暮らす家庭は、当時若かった世帯もすでに中年域。マンション全体としては、それほど高い水準ではないものの高齢化が進んでいます。ある時、マンション管理組合の理事の人と話をした時、「子供たち独立したお宅が多くなってきた。これから、そうした家ではペットを飼い始める人が増えるかもしれない」と。そうなんでしょうか? “子犬と一緒に暮らし始められる限界年齢” の続きを読む