さんざん悩んだ去勢手術

鼓太郎2001年3月頃 子犬の表情を少し残しつつも、ほぼ成犬。去勢する?しない?タイムリミットが近づいてます。

初めて柴犬の鼓太郎を迎え入れ、早くも半年が過ぎようかという時分に、さんざん悩んだ問題がありました。

去勢手術はするべきなのか、否か?

鼓太郎を迎え入れた時は、去勢の予備知識はありませんでした。むやみに犬の繁殖を防ぐ避妊のためなのでしょうが、そんな手術があることは知りませんでした。

私が子どもの頃は(一体、何時の話?)、田舎だったこともあり、野良犬が街中を徘徊しており、時折、オス犬とメス犬がひっついている光景を目にすることもありました。そのせいか、犬と言えば大概はミックス中型犬で、純血の犬は少数だったような気がします。そうしたむやみな繁殖を防ぐために去勢手術があるわけです。

しかしわが家の場合、散歩の時を除けば、基本は室内犬。散歩の時に十分注意していれば、鼓太郎が他のワンに乗りかかることはないはずなので、避妊目的の去勢手術は不要と考えてました。

それとは別に、動物病院の先生からは、「去勢手術をすると将来の病気の予防にもなる」と勧められていたので、自分でも色々と調べてみました。しかし調べれば調べるほど、去勢のメリットとデメリットの天秤が、私の場合はどちらにも傾くことがなくて、水平状態で停まってしまいました。これは、どちらが良いのかは簡単には判断できない・・・。

しかし去勢手術をするならば、生後半年から一年程度の間に行ったほうが体への負担は少ないそうなので、いつまでも躊躇している訳にも行きません。決断しなければなりませんでした。 “さんざん悩んだ去勢手術” の続きを読む

小夏を室内フリーにした時の緊張

2005年1月頃 手前が小夏、奥が鼓太郎。小夏の口周りはまだ黒い毛がずいぶん残ってる泥棒顔。

コクシジウム症のため、ゲージで隔離されている期間が長くなって来た小夏ですが、その間も成長は続き、生後3ヶ月過ぎには、ずいぶんとゲージがせまくなってきました。コクシジウムは完治したので隔離する必要はなくなっていましたが、ここで少し不安が。

先住犬の鼓太郎と本当に仲良く暮らせるのだろうか? “小夏を室内フリーにした時の緊張” の続きを読む

噛み癖と破壊行動

鼓太郎2001年11月頃 平常時は良い子、少しオネエ座り

鼓太郎の幼犬期、若犬時代にもっとも手を焼いたのが、噛み癖破壊行動です。噛み癖は、子犬の時は甘噛みと言われるように、たとえ噛まれてもそれほど痛くはありませんが、半年過ぎで歯が永久歯になり、体格も立派になり、力がついてくるとちょっと危険を伴ってしまいます。幼犬期にきちんと甘噛みや噛み癖を躾しておかないと、あとあと大変です。

わが家では、鼓太郎では失敗、小夏では成功となりました。 “噛み癖と破壊行動” の続きを読む

幼犬時代の成長スピード あっという間にゲージが狭くなる

鼓太郎2000年10月頃 M字眉毛で、ふあぁ~、ゲージの外の方がくつろげる

幼犬時代の成長スピードのせいもあって、はじめに対応しないと駄目なのが、ゲージの問題でした。鼓太郎の時は、日中、私か家内がいる時は、室内フリーにしていましたが、留守番や夜寝る時はゲージに入ってもらってました。しかし、わが家に鼓太郎がやって来て1ヶ月ほど経つと、何かゲージが狭くなってきました。 “幼犬時代の成長スピード あっという間にゲージが狭くなる” の続きを読む

幼犬時代の成長スピード M字眉毛

順番が前後してしまいましたが、柴犬が成犬になるときの顔の変化ですが、マズルが伸びて行く前に、M字眉毛の登場があります。でも、M字眉毛については他の方のブログで見たことは一度しかないので、もしかしたら、わが家の鼓太郎と小夏だけに見られたことなのかもしれません。 “幼犬時代の成長スピード M字眉毛” の続きを読む

幼犬時代の成長スピード みったくない顔

犬の成長スピードの速さについては、以前、ドッグイヤーのことで書きましたが、特に子犬時代、パピー時代の成長スピードには本当に驚かされます。生後1年で人間の15才から18才くらいに成長します。ドッグイヤー1年が人間の7年と言われてますが、この時期は特に早く、その倍以上のスピードで成長してしまいます。

つまり迎え入れた犬の子犬の時間は本当に短時間なのです。

初めて柴犬と暮らす人は、テレビや写真で見る柴犬子犬の丸々、ころころしたぬいぐるみのような姿に魅かれますが、実際はそのころころしたぬいぐるみのような期間はものすごく短いです。個体差はありますが、ころころのぬいぐるみみたいな柴犬子犬の時間は、せいぜい生後60日までといったところです。

しかも、実際に子犬を迎え入れることが出来るのは、早くて生後40日。60日くらいで迎え入れることができれば、早い方かと思います。そんなに早くに母犬から離せません。それゆえに、子犬で迎え入れても、ころころのぬいぐるみみたいな子犬と一緒の時間は、せいぜい1、2週間しかありません。 “幼犬時代の成長スピード みったくない顔” の続きを読む

来たばかりの幼犬時代:はじめての散歩

小夏2004年11月頃 小夏は散歩デビューが少し早め。散歩デビューの少し前頃。

初めて柴犬を迎える方はみんな経験すること、悩むことシリーズの八回目、最終回です。

ワクチン接種、登録申請、狂犬病注射、フィラリア・ダニ・ノミ予防と済ませ、いよいよ待望の散歩デビューです。すでに生後100日程度。家に迎え入れてからおおよそ一ヶ月半くらい経過しています。 “来たばかりの幼犬時代:はじめての散歩” の続きを読む

来たばかりの幼犬時代:フィラリア、ダニ・ノミ予防

小夏2004年10月 鼓太郎が散歩でいない時に、ゲージの外で遊ぶ。何見てる?

初めて柴犬を迎える方はみんな経験すること、悩むことシリーズの七回目です。

登録申請、狂犬病注射と同時期に、もう一つ大事なイベントがあります。
フィラリア、ダニ・ノミ予防です。犬にとって非常に危険な病気につながりますので、これを終えてからでないとお散歩デビューできません。 “来たばかりの幼犬時代:フィラリア、ダニ・ノミ予防” の続きを読む

来たばかりの幼犬時代:登録申請、狂犬病注射

鼓太郎2000年9月 なんとかゲージから出してもらおうと何時も必死にアピール

初めて柴犬を迎える方はみんな経験すること、悩むことシリーズの六回目です。

今回はお散歩デビューへ向けての準備、登録申請、狂犬病注射です。狂犬病注射は生後100日くらいに行います。
正確には「生後91日以上の犬を飼い始めた方は、30日以内に犬の所在地の区市町村で犬の登録を申請して鑑札の交付を受ける。また同時期に狂犬病予防注射を実施」と決められています。

これが済まないと、お散歩デビューできないので、渋々かつ粛々と進めます。

“来たばかりの幼犬時代:登録申請、狂犬病注射” の続きを読む

来たばかりの幼犬時代:首輪、リードトレーニング

鼓太郎2000年9月 少し成長し、狭くなったゲージを拡張

初めて柴犬を迎える方はみんな経験すること、悩むことシリーズの五回目です。

今回はお散歩デビューへ向けての準備、首輪、リードトレーニングです。子犬を迎えると早く外に出て一緒に散歩したいと誰しも思うに違いありません。
でも、残念ながら迎え入れてすぐに散歩に行くことはできない、というのが一般的な意見です。
二回目のワクチン接種が終わるまで、外出・散歩はしないように獣医さんに言われることが多いと思います。
免疫抗体がまだ不十分な時期なので、外に出て感染の危険にさらさないというのが理由だそうです。

でも、これは一般論です。獣医さんによっても意見は異なるようです。

“来たばかりの幼犬時代:首輪、リードトレーニング” の続きを読む

© 2022 J-D&D Co.,Ltd. All Rights Reserved.