15才の誕生日に何思う

こんにちは、小夏です。今日、あたしは満15才の誕生日を無事に迎えました。人間の年齢でいうと、75才くらい。おばあちゃんです。よちよち歩きの時に、このお家に迎えてもらって、気が付けば、いつの間にか、おとうさんとおかあさんの年齢をはるかに追い越しちゃった。


振り返るとあっという間の15年。毎日、いろんなことはあったけど、それなりに平穏な時間を送り続けたら15年たっていました。生きていくって言うのは、こんなものなのかな?

顔も白くなって(結構、若い時から白い・・・)、体力も落ちてきて、走れなくなったけど、年齢の割にはまだまだ元気なつもり。お散歩の時に話し掛けて来る人が、あたしの年を聞いて「元気だ」「若い」と言ってくれます。もちろん、年の割にはということだと思うけど。

自分の中の比較対象は鼓太郎しかいないけど、鼓太郎が15才の誕生日を迎えた頃より、あたしはずっと元気だと思う。鼓太郎は、背中丸まって頭下げながら歩いてたし、散歩に行くときにカートで運ばれている間に中で寝込んだりもしてた。

2015年6月 鼓太郎15才の誕生日。見た目の筋肉はそれほど落ちてなかったけど、背中が丸まって、尻尾がいつも力なく下がるようになってた。

あと言いにくいけど、ちょっとと言うか、だいぶと言うべきか、認知症も入ってた。

2015年6月21日 鼓太郎15才の誕生日の翌日午前4時頃。どうやって入り込んだのか、本棚と壁の10数センチの隙間にはまり込み身動き取れなくなり、悲鳴をあげていました。これは、残念ながら認知症と思わざるをえなかった。救出するのが大変だったとおとうさんに聞いた・・・。
これはあたしです。11才になる少し前、2015年鼓太郎15才の誕生日におすそ分けでお肉をもらってるところ。今とそんなに変わらないでしょ?この頃の方が、少し細いかしら。

「だから僕のこと言わないでいいから・・・」と鼓太郎。あ、鼓太郎は今日の未明に帰ってきました。あたしの誕生日に帰ってきてくれた。誕生日プレゼントが鼓太郎という訳じゃないと思うけど。少し早く着きすぎて、お家の上空で旋回飛行してたらしい(空港混雑時の着陸待ちの飛行機みたいだね)。

あとでシュークリームを一緒に食べよう。あたしの誕生日に何を買おうかとおとうさん考えて、鼓太郎が帰って来るのを察して、定番の好物、セブンのシュークリームにしてた。誕生日ケーキより、その方があたしもいい。一応、ダイエット中だしね。

神様があたしにくれた時間が、あとどれくらい残っているのかは知らないけど、今のままの生活、時間の流れの中でゆったりと過ごせればいいな。大きな病気は、自分だけじゃなくて、おとうさんとおかあさんにも迷惑かけるから嫌。去年の子宮蓄膿症が最後でいいです。

出来るだけ、このまま自然に時間を重ねていきたい。

ささやかな望みだけど、実は大きな望みなんだよね。

小夏、15才になって今、想うこと。

 

↓ 15才になっても、たぶん16才になっても参加中!

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村


柴犬ランキング

スポンサーリンク

4 Replies to “15才の誕生日に何思う”

  1. mieさん、ありがとうございます。
    元気に15才まで来ました。
    筋肉はあんまり落ちてないと思うのですが、
    脂肪の方が勝ってます。
    なので、あんまりご馳走は無しです。
    リキ君は、このお盆に帰ってきましたか?
    ちゃんと盆の入りまで待ってるのかな?

  2. makiさん、ありがとうございます。
    私的には、15才は一つの大きな節目だと思っているので、
    無事誕生日を迎えられて良かったです。
    元気印の小夏ですが、やはり去年の誕生日の後あたりから
    いろいろと衰えを感じるようになりました。
    それでも、鼓太郎より多く誕生日を迎えるようになってほしいです。

  3. 小夏ちゃんお誕生日おめでとう!
    🎉🎉🎉
    15歳になったんだね~

    毎日暑いけど筋肉減らないためにも
    頑張って散歩に行ってくださいね。

    今夜はごちそうを頂いてお祝いしてね。🎂

  4. 小夏ちゃん 15才お誕生日おめでとう!
    鼓太郎くんとシュークリームでお祝いだね。
    穏やかな時間が、ゆっくりと流れますように。
    小春はわずか3日間の闘病で亡くなったのでお空に行ったって実感がないのです。
    いまだに受け入れられていないダメなかあちゃんです。

コメントを残す