変革のリーダーシップ コッター理論

” リーダーシップは社会科学において最も多く研究された分野だが、未だ最も解明されていない分野でもあるBurt Nanus

状況適合理論、パスゴール理論の登場により、リーダーシップ研究の基盤はほぼ固まりました。その基盤の上で、さまざまなテーマやコンセプトに基づく研究や主張がされることになります。現在、私たちが見聞きすることが多いリーダーシップは、こうしたテーマやコンセプトに基づくものが多くなっています。

“変革のリーダーシップ コッター理論” の続きを読む

リーダーシップ状況適合理論2 SL理論など


状況適合理論の登場で応用、実用研究は百花繚乱へ

前回に引き続き、リーダーシップ状況適合理論に属するものを3つほどご説明します。行動理論の時は、リーダーシップ行動を突き詰めていくように色々な研究がされましたが、状況適合理論では、その行動理論の成果をもとに、より現実的事象へ拡散的に研究が進んだように理解しています。実用へ向けた視点の付加により、理論研究は百花繚乱、興味深い意味あるものが並びます。 “リーダーシップ状況適合理論2 SL理論など” の続きを読む

リーダーシップ状況適合理論1 コンティンジェンシーモデル、パスゴール理論


どんな場合でも、どんな状況でも、効果的で万能なリーダーシップを簡単に教えてほしい

別に笑い話ではありません。現実的に企業研修などの場では、今でもそんな声がたまにあがります。「どうすれば良いか教えてくれたら、その通りにやる。でも小難しいのとか、面倒なのは勘弁してほしい」。今のような時代に環境にあって、そんな都合の良い話があるわけありません。 “リーダーシップ状況適合理論1 コンティンジェンシーモデル、パスゴール理論” の続きを読む

リーダーシップ行動理論2 PM理論、マネジリアルグリッド、四次元モデル

3つのリーダーシップ研究に続く3つの理論

前回に引き続き、リーダーシップ行動理論について個別に提示されたものをご説明します。比較的短期間の間に、いろいろな理論が展開され、内容が発展改善されながら、理論研究のゴールとも言える理論間の類似性も見えてきます。 “リーダーシップ行動理論2 PM理論、マネジリアルグリッド、四次元モデル” の続きを読む

リーダーシップ行動理論1 アイオワ研究、オハイオ研究、ミシガン研究


リーダーシップは、専制型なのか民主型なのか?

リーダーシップに関する研究では、古くから対照的な二つのコンセプトが論じられてきました。専制的リーダー民主的リーダーです。行動理論では、この二つのコンセプト(次元)に基づく、いわゆる広義の二次元モデルの研究が行われました。代表的な行動理論、研究を今回と次回でご説明します。 “リーダーシップ行動理論1 アイオワ研究、オハイオ研究、ミシガン研究” の続きを読む

リーダーシップ理論の変遷


リーダーシップって何だろう?

「変化の時代にはリーダーシップが重要だ!」
「あの人のリーダーシップは優れているが、あいつはなっちゃいない」
「あんなリーダーの下で一緒に仕事したい」 などなど

いろいろなビジネスシーンで、リーダーシップは頻繁に語られます。 “リーダーシップ理論の変遷” の続きを読む

職務遂行能力の構造 氷山モデル

「こんなに教育しているのに、こんなに学んでいるのに、なぜ、仕事のパフォーマンスがアップしないのか!?」

⇒「それは、開発に注力している能力が違ってるから!」

 

仕事で高いパフォーマンス(業績)を実現するためには、さまざまな能力が求められます。

その一方でこうした能力には、さまざまな多くのものが含まれ、その全体像は理解しにくくなっています。結果的に、個人や社員の置かれている実情とマッチしない的外れな能力開発(社員教育や自己啓発)に注力していて、せっかくの努力が実を結んでいないケースも見られます。 “職務遂行能力の構造 氷山モデル” の続きを読む

流動化する組織と社員の関係

記事内インデックス
・強固な関係から、脆く危うい関係へ
・社員満足度の視点、エンゲージメントの視点
・求められるマネジメント、リーダーシップの変革と強化

かって世界中から礼賛を浴びた日本型経営。そこには、いろいろな要素が含まれますが、その中で日本型経営の根幹を支えてきたのが日本型人事システムです。「終身雇用」「年功序列」「企業別組合」という日本型人事システムの三種の神器により、日本企業は組織と社員との間に強固で安定した関係を築き上げていました。 “流動化する組織と社員の関係” の続きを読む