LEAD 分析構造

リーダーシップの特徴をわかりやすく、納得感ある構造で分析

 

LEADでは、リーダーシップ行動を四つのAREA(領域)と各AREAに含まれる8つの行動タイプで捉え、対象者のリーダーシップ特徴を明らかにしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AREA 01 
「仕事・組織」を重視し、短期的インパクトを与える具体的な行動

AREA 02            
「社員・人材」を重視し、短期的インパクトを与える具体的な行動

AREA 03            
「社員・人材」を重視し、長期的インパクトを与える概念的な行動

AREA 04            
「仕事・組織」を重視し、長期的インパクトを与える概念的な行動

この4つのAREAは、リーダーが抱える環境や組織状態を示すことになります。

そして、それぞれのAREA(環境)には、そのAREAにおいて高い効果が期待できる行動タイプが各2つずつ含まれています。

1. 指揮管理  「指示、命令、管理することで、部下に忠誠を誓わせる」

2. 自立実践  「基本インプットすれば、後は自分で出来るだろう」

3. 関係調和  「部下との友好関係が、仕事の前提条件」

4. 認知報酬  「君が気づいていない、君の長所を私は知っている」

5. 合意形成  「お互いの考えを出し合い、最適な答えを見つけ出そう」

6. 育成支援  「部下の成長が、部門や会社の発展の源泉」

7. 権限委譲  「君を見込んで、この仕事を任せる」

8. 価値創造  「私が描く目指すべき未来は、全員の幸福を約束する」

行動タイプに、正解不正解はありません。いずれもリーダーシップ発揮の上で必要かつ有効な行動です。

効果を生むかどうかは、リーダーが直面する環境や場面の中で適切か否か、状況に合った行動か、という点に帰結します。

 


まずは、無料版をお試しください!

 

 


スポンサーリンク

リーダーシップ診断LEAD概略LEAD活用例LEADラインナップ

関連サイト
人事トピックスのブログ
ポケットの中の人事コンサル