リーダーシップ診断 無料の機会にこんな使い方2

(キャンペーンは終了いたしました。多くのご参加ありがとうございました。)

キャンペーンで無料だからこそできる使い方もあります。こんな使い方はいかがですか?

自分が目指すリーダー像、理想の自分を定量化

リーダーシップ診断LEADに限らず、人事アセスメント(調査・テスト)では、自分の現在について回答するものが大部分です。しかし、自分にとっての理想像やありたい自分について回答することも一つの手です。

なんとなく、漠然とこんなリーダーでありたいと思っても、それだけではなかなか具体的な取り組みはできません。

そこで、自分の理想像を考えながら回答し、結果レポートで定量化されたその姿を得るわけです。もちろん、漠然とした状態なので、結果におけるブレや曖昧さが含まれることは否定できません。それでも、少なくとも回答時には、漠然とした理想像を設問に沿って具体化しているはずです。それは、大きな一歩だと考えます。

理想像のLEADの結果と現在の自分のLEADの結果を見比べ、ギャップの大きなAREAや行動タイプが、開発の優先事項となります。そうして特定された事項に取り組んでみると自分一人でのセルフラーニングも楽しくなります。

おひとりで二度回答しなければなりませんが、これも無料キャンペーン中だと自分の時間以外のコストはかかりません。

リーダーシップ診断LEADは、比較的、低コストですが、それでも普段であればコストはかかります。無料キャンペーンの時だからこそ、コストを気にせず、こうしたちょっと違う使い方をしてみるのもお勧めです。

スポンサーリンク