14才の誕生日が来ました

こんにちは、小夏です。昨日の8月8日、台風接近で朝から一日中の雨でしたが、同時にあたしの14回目の誕生日でした。14年かぁ。お家にやってきて、おとうさん、おかあさん、鼓太郎と暮らし始めて13年と320日くらい。思えば長い。その間いろいろあったけど、それでもずっと元気に、自分なりに楽しく一緒に暮らしてきました。

これからも、変わらず、自分なりに楽しく一緒に暮らせればと思ってます。もちろん、年を重ねて行くわけだから、前と全く同じようには暮らせない。おとうさんも、おかあさんも年取って来たし。でも、毎日、その時出来ることをして生きて行こう。

寝てる時間が長くなってきたのがちょっと悲しい。でも、それも出来ることをしているだけなのかもね。


夕方、台所からあたしを引き付ける良い匂いがしてきます。あ、たぶん、あたしの誕生日用のごはんを作ってるんだ。お肉の匂いがする。誕生日のケーキよりも、お肉の方がやっぱり嬉しいです。

「小夏、誕生日おめでとう!」と言いながら、おとうさんがお皿を持ってくる。ローストチキンを切ってくれたみたいです。お誕生日には、ビーフステーキがでることもあるけど、食べてるあたしを観察してたおとうさん、「小夏は、ビーフよりもチキンの方が美味しそうに食べる」と、今年はチキンにしたみたいです。

うん、正解。以前は別にして、今はチキンの方が、あたし的に美味しく食べれます。そして今日は、ドライフード抜いて、チキンだけにしてくれました。

じゃあ、誕生日の晩餐を。

ん、ちょっと切り方が大き目かな?最近、あたし舌の力が弱くなったみたいで、大きいと上手くお皿から掬い取れなくなってきました。口で咥え取れば良いんだろうけど、昔から、それ上手くできませんでした。

困っておとうさんを見上げたら、「あ、ちょっと大きかったか」と気づいてくれて、この後、小さく手でちぎってくれた。ありがとう。

チキンを小さくしてもらうと、あたしはテンポよく食べます。テンポよくというよりも、かなりのハイペース。美味しいです。あたし用に、味付けせずに焼いてくれたんだ。味ついてるのも好きなんだけど・・・。

から揚げも好きだけど、皮がパリッと焼けたローストチキンも好きです。

満足して、和室の絨毯の上に口の周りに付いた油をなすり付けに行きます。ワンはみんな同じような行動しますよね。美味しかったものの記憶、匂いを残すための行動かな?絨毯はドンドン汚れて染みだらけになってるけど。この間、あたしがゲロしちゃたし。

この和室に絨毯なんだけど、あたしがお家に来た時はすでに敷かれてました。もともと、和室なので、畳なんですが、鼓太郎が畳堀りを盛大にやからかして、あちこちボロになって、たまらんと敷いたそうです。あたしは、家の中の物を壊したことないけど、鼓太郎は破壊魔だった。ちょっと懐かしい。

もう何年か前だけど、いつの間にか、あたしは、おとうさんの年齢を越えちゃった。おかあさんの年齢を越えたのは、それより前。

年齢越えても、おとうさんはおとうさんだし、おかあさんはおかあさん。あたしは年齢は上でも子供。

鼓太郎は、14才頃にがっくり体力が落ち始めて、ちょっと認知症が出始めた。それを横で見ていたから、あたしは何とか元気でボケないで来年の8月8日、再来年の8月8日、その先の8月8日を迎えるようにしたいな。

あ、お盆休み・夏休みで鼓太郎はまだ帰って来てません。日曜日になるみたいです。いつものフライングが目に余ったのかな?

 

↓ 14才の誕生日に物思いに耽りながら参加中!

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2 Replies to “14才の誕生日が来ました”

  1. 藍さん、ありがとうございます。
    小夏も以前のよう大食いしなくなって、ひと頃より食べる量は減りました。
    加えてこの暑さのせいか食も細っていたので、お肉だけにしてみました。
    肉だとかなり食べるので、ただ狡猾なのかとか思ったりします。
    凛ちゃんファミリーも、元気で楽しい一年をお過ごしください。
    あ、もう大旅行で楽しんだ後でしたね。

  2. 小夏ちゃん、14歳のお誕生日おめでとう!
    凜と1日違いでしたよね。
    パパさん、ママさんの愛情いっぱいの、素敵なバースデーディナー、「うらやましいなぁ」と凜が言っております。
    まだまだ元気で長生きしてくださいね。
    夏に強いはずの夏生まれの子にも、このごろの暑さはちょっと堪えるのがツライところですが、夏バテしないで頑張りましょう。

コメントを残す