DOOR+の上位版 “DOOR ++” をサービス開始

先週サービス開始の DOOR + に続き、組織活性化、リーダーシップ開発向けパッケージ DOOR ++ をサービス開始します。DOOR ++ は、DOOR + の上位版パッケージとなります。

DOOR ++ では、組織診断を DOOR IIタイプMD(現在の組織と将来あるべき姿の組織の二次元で回答)を用い、この点が DOOR + との違いとなっています。

弊社では、リーダーシップ開発は次の4つの局面を組み合わせることで促進されます。

1. 現在の組織状態を理解
2. 現在のリーダーシップ行動の特徴を理解
3. 組織をどのような状態に変えていくか(ターゲット設定)
4. ターゲット実現のためにリーダーシップ行動をどのように変えるか

DOOR ++ では、これら4つの局面のうち1から3までの局面をアセスメントで定量化します(DOOR + では、1と2の局面)。どの局面までアセスメントからの気づきや知見を得るのが良いかは、一概には言えません。目的や制約条件によって異なります。

アセスメントありきでリーダーシップ開発を考える必要はありません。弊社としてもお勧めしません。リーダーシップ開発を考える中で自分たちに効果をもたらす自分たちに合ったものを選択するのが自然です。DOOR + も DOOR ++ も、お客様の都合に合わせた選択が可能になるように開始したサービスです。

ー 必要なことを 必要な時に 必要なだけ ー

DOOR + 同様に、社内の研修プログラム、顧客向けトレーニングプログラムにも組み込みやすいパッケージです。研修トレーニングの目的やプログラム構成、対象者レベルや社員負荷などにあわせ、ご選択いただけます。自分たちに何が合うのかご選択に迷われましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

是非、DOOR ++ のご利用、ご活用もご検討ください。

スポンサーリンク